皆知ってるよね?離島ナースで働く魅力

MENU

皆知ってるよね?離島ナースで働く魅力とメリット

近年続々と新しい働き方を求める声は増えていると言われています。先進的な医療施設で働いていた職員が急に離島ナースとして活躍するケースも決して珍しくはない時代に突入しました。

 

自分は人のために何ができるのか?考えた時に設備な環境が充実していない、さらには人手不足で悩まされている過疎化されている地域こそ存在意義があるのではないか?と悶々した毎日を送っている方も男性・女性共にいるのではないでしょうか?そんなやりがいを求めて離島看護師の求人・募集を探すのは非常に良いことだと思います。病院、クリニック、診療所と施設タイプにおいてもいろいろあると思うが1つ共通して言えることはある程度の”覚悟”を持つことです。

 

「同じ日本でしょ?」と考えると思いますが、実は離島看護師を辞める理由で多いのが環境の変化によるストレスになります。やはり慣れていると認識を持っているJAPANの地においてもやはり精神的には追い付いていけないこともあるでしょう。また、知っている人が居ないというのも不安・心配材料になっているのではないでしょうか?しかし、退職して脱退する人が居る中でもモチベーションを年々アップしながら離島ナースの魅力や働くメリットを感じて充実した日々を送っている方もいるのです。やはりその差は何となくの理由ではなく、明確にこれがやりたい!コレで役立ちたい!など信念を持っていることではないでしょうか?

 

離島看護師の募集・求人を見つける方法や手段まとめ

 

仕事内容や業務内容を知るにはまずは転職サイトにて採用の最新情報を見ることが一番手っ取り早いと考えています。聞くより見るとはまさにこのことであると思います。

 

転職エージェントには離島看護師の給料・年収をある程度把握することができる情報源やどのようなキャリアの人材が求められているのか?パート・アルバイト・正社員などの雇用形態などをチェックすることができるので、目を通しておくに越したことはないでしょう。さらに自分が住みたい島に合わせるのも1つの手であると思います。海沿いの街でマリンスポーツを楽しみながらのんびり過ごしたい!そんな要望を持って島の看護師として働くのも憧れますね。逆に食べ物や文化に感動して・・・というケースもあるかもしれないですね。

 

求人を決める時に大切なのは給料・賞与(ボーナス)・パートなら時給などお金のことだけではなく、自分が何がしたいのか?この仕事内容だったらやりがいを持てる!と自信をもっている採用募集に応募するのが良いと思います。結局のところナースという職業は離職率の高い仕事になりますので、高収入を求めても続かない場合はゴロゴロありますからね。

 

どのような環境で働いているのか?体験談や感想・口コミをチェックしたいなら離島看護師ブログ・SNSを調べてみるのもいいと思いますよ!既に働いている先輩の意見は信憑性が高いですし、参考になる内容も多数掲載されているはずですからね。

 

応援ナースは期限付きだと意外と待遇が良い?

 

一定期間だけ働くという選択肢もあるみたいです。近年注目されているのが人材不足の島を応援するナースですね。一見大都会と思われている東京も結構いろいろ島があって、離島看護師として働くケースはあるみたいですね。給料・年収が高い求人情報もいろいろあったり、中には引っ越し代・赴任費用を負担してくれるなんて嬉しいこともあるみたいです。

 

実際にどの島が注目されていると言えば・・・ちょっと人気のスポットを調べて挙げてみることに。

  • 三宅島
  • 神津島
  • 伊豆大島
  • 屋久島
  • 徳之島
  • 対馬

 

他にもいろいろありますが、評判・口コミで人気を集めている?っぽいのは上記ですね。20代、30代の若手だけではなく、既に定年を迎えている60代、70代の再就職・復職で離島の応援ナースという選択肢もありなのかもしれない。


皆知ってるよね?離島ナースで働く魅力関連ページ

育児からの復帰は困難?
看護師の育児明けの復帰の難しさや困難の理由について徹底解説!
出産後の転職で知っておきたいポイント
看護師の出産後の再就職で知っておきたいポイントについて解説します。
重要!託児所あり求人
託児所ありの看護師求人・募集情報を探すために重要にマニュアルを紹介!
育児中で夜勤はやっぱり大変?
ハードワークと呼ばれる看護師の育児中での夜勤や土日出勤について考えてみました。やっぱり大変ですか?の疑問に答えます。
フルタイムとパートどっちがおすすめ?
育児中の看護師にとってフルタイムとパートどっちがおすすめなのか?非常勤と常勤を徹底比較してみました。