産婦人科の看護師転職

MENU

産婦人科看護師の転職&就職

 

産婦人科看護師の転職メリット・デメリットについて解説!

 

看護師で産婦人科に就職・復職するコツや仕事内容を紹介!

 

助産師と看護師の違いを比較してみた結果・・・

 

産婦人科と言えば助産師の存在は欠かせませんよね?助産師と看護師の違いって何だろう?と疑問に思っているこれから看護師を目指す学生のためにまずは助産師と看護師の違いを比較した結果を紹介しようと思います。

 

看護師で産婦人科に転職を考えている方は既に理解があると思いますが、転職前に確認しておきましょう。

 

最大の違いはズバリ取得する免許になります。助産師の資格は看護師の国家試験に合格後、指定の養成期間に研修・実習した後にさらに助産師の国家試験に合格する必要があります。分かりやすく言えば助産師の資格を持っている人は看護師の資格も持っている、しかし看護師の資格を持っていても、助産師の資格は持っていない方はたくさんいます。プラスα的な国家資格と考えておくと分かりやすいと思います。免許の違いの次は業務の違いについて比較して行きたいと思います。

 

助産師は助産行為が可能ですが、看護師の場合は助産行為はできません。つまり助産師の資格があれば胎児を取り上げることができますが、看護師はお産を助けることや子供を取り上げる行為はできません。これが嫌で助産師の資格取得を決意する産婦人科ナースは結構多いようです。仕事に制限があるとやはりキャリアを積む中ではデメリットと感じることもあると思います。さらに助産行為を一生の仕事にしようと考えている方にとっては尚更です。さらに助産師は資格を活かして開業することも可能です。一国一城の主になることができるのは大きな利点と考えられます。

 

更にこれは当たり前のことですが、看護師より助産師の方が採用に意欲的である傾向があります。専門性に優れ助産行為ができるので優遇されることも多いそうです。また、大手病院などでは助産師の資格を持っていればあまりいろいろと人事異動するケースは少ないようです。基本的に同じ勤務科で継続して働き続けることができるので専門性を高めることができる仕組みになっています。産婦人科でキャリアを積む予定なのであれば早めに取得しておいては損は無いはずです。

 

産婦人科の仕事内容について

 

看護師の産婦人科での主な業務内容について簡単に分かりやすく説明して行きたいと思います。

 

患者の最期を看取る仕事が多い医療業界において真逆の生命の誕生に携わることができるのが産婦人科看護師の仕事の特徴です。

 

産婦人科の業務内容は設備の充実した大手病院と入院はできない小規模のクリニックで若干異なります。また、待遇・年収等も変わってきますので、求人・募集情報をよくチェックして産婦人科看護師転職することをおすすめします。いつ出産するのか正確に予想するのは難しいので常に準備を整えて備えておく必要がある現場です。

 

主な仕事内容について妊婦健診・定期健診・尿検査、不妊検査・治療、血液検査・血圧測定・薬の説明・指導といった医師・助産師の補助や検査など幅広い業務を任されることになります。また、妊婦の出産後は新生児のお世話やケアも看護師の大切な役割になります。

 

また、産婦人科では内診などデリケートな診療がありますので、中には陰部・膣の中を見られることに抵抗を持っている女性もいるようです。特に医師が男性の場合ですと女性看護師が立ち会い、恥ずかしいと感じる妊婦は結構います。安心して内診することができる環境を提供するのも看護師の重要な仕事の1つです。コミュニケーションを取りながら不安にさせないように心がけましょう。

 

転職するメリット・デメリットについて

 

産婦人科に転職する看護師のメリット・デメリットについてポイントでまとめました。

 

産婦人科メリット

 

  • 出産に関する知識を得ることができる
  • 命の誕生に関われるやりがいのある仕事
  • 患者の主な対象者は健常者
  • キャリアアップの目標を定めやすい

 

将来出産を考えている女性にとって、仕事を通じて知識を身に着けることができるのはメリットと言えるでしょう。また、キャリアアップ・形成しやすい分野でもあります。産婦人科で今後長く働く気があるのであれば、まずは助産師の資格取得するのは必須とも言えるでしょう。看護師から助産師へステップアップのきっかけになりやすいと言えます。また、不妊症など一部強い悩みを抱えている患者もいますが、多くは健康的な女性が対象になるので、明るく働きやすい職場だと思います。暗い雰囲気が苦手で明るくポジティブに働きたい方におすすめです。命の誕生に携わることができる貴重な仕事です。やりがいは十分にあると思いますので、是非産婦人科に看護師転職して頑張ってください。

 

産婦人科デメリット

 

  • 大きなショックを受けることもある
  • 看護師のみの資格では助産行為ができない
  • 夜勤・残業が多い

 

全て新しい命が正常に誕生するとは残念ながら限りません。時には流産・中絶・死産などショッキングの現場に立ち会うこともあります。自分自身の状況に置き換えて泣きじゃくる新卒・新人看護師は結構多いようです。厳しい現実に直視して冷静に働くことも時には大切になります。一番辛いのは本人やその家族です。そんな時こそ看護師のフォローや対応が重要になってきます。また、看護師の資格でできる業務の範囲は限られているのもデメリットの1つです。仕事の限界や助産師とのコミュニケーションにストレスを感じているナースも中にはいるようです。また、出産を控えた妊婦が24時間いつでも出産することができるように万全な準備を整えておく必要があります。そのため残業が多い分野でもあるのです。