眼科の看護師転職

MENU

眼科看護師の転職&就職

 

眼科看護師の転職メリット・デメリットについて解説!

 

看護師で眼科に就職・復職するコツや仕事内容を紹介!

 

眼科の仕事内容について

 

Microsoft WindowsやアップルのMacなどパソコン文化が定着している現代社会においては仕事でパソコン・タブレット・スマートフォンなどを利用するのは当たり前の時代になってきました。1980年代~1990代前半まではパソコンを利用するのは限られた一部の人と言われていましたが、現在においてはおそらくパソコンに触れたことが無い方はほとんどいないと考えられます。そのため長時間パソコンやスマートフォンの画面を見ることはビジネスの世界においては当たり前になっています。これによりドライアイや眼精疲労など目に関する悩みを持つ患者が増えてきていると言われています。そういえば昔に比べて眼鏡やコンタクトを付けている子供が増えているな~と思いませんか?20~30年前の子供たちってこんなに視力が悪い人多かったっけ?みたいなね。

 

目は体の数多くの部位の中でも非常に繊細で傷つきやすいデリケートな部分です。それだけ看護師には専門的な知識が求められていて、日々勉強する必要が出てくるはずです。ただ、眼科看護師に転職して経験を積むことにより専門性が身に付き眼科のスペシャリストとして活躍することが努力次第でできます。また、眼科は外来診療と手術・オペが必要になる入院タイプと大きく2種類に分かれています。外来はクリニック、手術は病院勤務が基本になります。外来と手術で眼科看護師の業務内容がかなり異なりますので、自分の適性に応じて慎重に選ぶことをおすすめします。また、最近ではクリニックでレーシック手術を専門的に行っているケースもありますので、自分の身に着けたいスキルに応じて職場を選ぶといいでしょう。

 

眼科の仕事の中心になるのが小学校・中学校・高校など様々な場面でお馴染みの視力検査から眼圧測定・視野検査・眼底検査・超音波眼球検査など目に関連する検査のサポート・補助になります。時には集団検査などがあり、多くの患者を待たせてしまうこともあります。できるだけ素早く効率的に業務を進めるために検査機器の操作テクニックを身に着けることは眼科看護師には必須と言えるのではないでしょうか。一見簡単そうに思える機器の操作でも最初は誰でも使い方は分かりません。さらに意外と種類もありますので、使いこなすのに最初は苦労したという経験を持っている方は結構多いのではないでしょうか。医療機器をこれだけ1人で操作するのは他の勤務科では味わえない魅力の1つで、そのような仕事・業務が好きな看護師も結構いるようです。眼科看護師の特徴の象徴と言えるでしょう。

 

大学病院・総合病院等の勤務の場合ですと手術のオペ出しや家族への説明やフォローなどの仕事内容が中心になります。手術は長時間掛かるケースは少なく、短時間で1日に何度もこなすイメージです。入院日数についても短期のケースがほとんどですので、慌ただしい職場でもあります。毎日いろいろな対応に追われてしまうので、臨機応変な対応や集中力のある人材が望まれています。

 

眼科看護師で取得しておきたい資格・スキルは眼科診療アシスタント(OMA)&視能訓練士(ORT)。

 

転職するメリット・デメリットについて

 

眼科看護師に転職するデメリットやメリットを徹底分析!口コミや体験談を基に得すること、損することを発表!

 

眼科メリット

 

  • オシャレなクリニックが多い
  • 命に関連しない手術・検査が中心
  • パート・アルバイト求人が多い
  • 患者の多くは目以外は健康で元気
  • 夜勤・残業が少ない募集案件が多い
  • 目に関する知識を身に着けることができる

 

眼科のクリニックは内装がキレイでオシャレな空間であることが多いのが特徴的です。そこで働く看護師も若くて美人の確率が多いのだとか。女性看護師に人気のある診療科目の1つです。また、眼科に訪れる患者は命に関連しない目に関する悩みを抱えてやってくる方がほとんどですので、変に気を遣ったり、動揺するような仕事はあまりありません。目以外に関しては基本的に健康で元気な状態でやってくるので、看護師にとっても精神的なプレッシャーやストレスは溜め込みにくいと思います。また、主婦・育児中のママさんナースなどにおすすめのパート・アルバイト求人が結構ある分野でもあります。看護師の場合ですと高時給でのパート募集も数多くありますので、ある程度生活の足しにしたいと考えているナースにはぴったりです。クリニックであれば夜勤は基本的になく、残業も少ないのは眼科のメリットと言えるでしょう。

 

眼科デメリット

 

  • 忙しい職場が多い
  • 看護師としてのスキルは低下しやすい
  • 正社員待遇の求人が少ない

 

眼科看護師は結構忙しい職場である傾向があります。仕事自体は一度覚えてしまえば簡単な作業が中心になりますが、次から次や患者が来るので休む暇がないというナースも多いはずです。また、特殊な機械の操作など他の勤務科では出来ない仕事を担当することができる一方、通常の看護師業務は少なく、スキルの低下に悩まされている看護師も少なくないと言われています。眼科から転職する時に苦労することが必然的に伺えます。また、パート・アルバイト・派遣など非常勤での募集が多いので、正社員・正職員の眼科看護師求人・募集は少ない状況にあります。そのため他の勤務科に比べた時に転職後年収・給料が下がる可能性があることを頭に入れておいてください。