美容外科の看護師転職

MENU

美容外科看護師の転職&就職


美容外科看護師の転職メリット・デメリットについて解説!

看護師で美容外科に就職・復職するコツや仕事内容を紹介!

美容皮膚科・美容外科の違いについて比較


美容関連の勤務科には上記のように外科・皮膚科があります。それぞれの違いについて今回は比較していきたいと思います。美容皮膚科は簡単に言えば肌をキレイにすることを目的にしている診療科です。例えばコラーゲン治療やホクロや刺青のレーザー治療などですね。美肌意識の強い女性が主な患者になっています。また、最近では男性でも美肌を維持するために力を入れているケースも多く、メンズの利用者も増えていると言われています。

一方美容外科とは何だろうか?

最近では美しい姿を保つために自分に投資する方が増えてきています。美容外科とは主に整形手術等を行う診療科になります。美容整形と言えば一昔前まで女性が受けるものといった認識がありますが、最近では男性でも整形する方は増えてきていると言われています。特に芸能人はその確率が高いとも言われていますので、東京都内で美容外科に看護師転職すれば芸能人の患者が来ることも十分あり得るでしょう。もちろん個人情報がありますので、人に話すことはできませんが、自分だけの秘密を知るレアな体験をすることができる可能性がある点を魅力と感じるナースは結構多いのではないでしょうか?

美容皮膚科・外科の違いを簡単に説明しました。文章では違いを比較するのが難しいという方のために要点をまとめましたのでご覧ください!

美容外科は整形のためにメスを使うが、美容皮膚科メスを使う手術はしない

簡単に言えば「美容外科は手術ありだけど、美容皮膚科は手術しないよ」といった違いですね。美容外科も美容皮膚科で働く看護師も結構有名人・芸能人と会える機会が多いのだとか、整形手術はしてなくてもお肌を気にして美容皮膚科に頻繁に通っている方は結構いますからね。


美容外科の仕事内容について


女性看護師に人気抜群の美容外科の仕事内容について解説していきます。看護師の勤務科の中でもオシャレな空間や内装に拘っているクリニックが多いので、女性に非常に人気のある職場でもあります。実際に美容外科で働く看護師は美人率が高いと噂されることも!やっぱり美意識を高めるために来る患者がほとんどですので、クリニック側からしてもオシャレな看護師の転職に前向きといった採用方針を持っているケースは多いようです。

そんな美容外科の看護師仕事内容ですが、主に手術中の医師の補助・介助がメインになります。そのため手術・オペ室での経験を活かせる職場でもあります。また、他の勤務科へも転職しやすいスキルを身に着けることができますので、キャリアアップを目指す方などにもおすすめできます。業務難易度は比較的高いと言われているので、数年程度病棟経験【2年~4年くらい】を積んで美容外科に転職する看護師も多いようです。(新卒・新人でも採用されるケースはあります。)特に初めは注射・点滴・採血に戸惑う看護師も多いのだとか。実際に美容皮膚科より美容外科の方がスキルの高ナースを好む傾向があるようです。

手術・オペ室の仕事以外でも経過状況の把握・確認など経過観察や従業員が少ないクリニックなどではカウンセリングについてもナースの役割の1つになります。さらに言えば患者のほとんどは美に関する知識が豊富な方で看護師もそれについていく柔軟な知識が必要になってきます。仕事柄、美に関する興味が無い方は向かないコミュニケーションを取るのが難しいと考えられます。そのため日々の情報収集など様々な箇所にアンテナをはっておく必要があると言えます。他の一般科の病院・クリニック等では基本的に素人である患者の方が医療の関する知識を持っているケースはほとんどありませんが、美容外科では気を抜くと患者に教えてもらう立場になってしまうこともあるので注意が必要です。

転職するメリット・デメリットについて


続いて気になる美容外科看護師に転職するメリット・デメリットについて徹底解説!違いをいろいろと比較してみてください!

メリットはココ!

  • オペ室・手術室出身は優遇されやすい
  • 美容に関する知識が深まる
  • 夜勤がなく、残業が少ないケースが多い
  • 注射・点滴・採血のスキルを身に着けやすい
  • 研修制度が充実しているクリニックが多い
  • 清潔感・高級感する職場で働ける

非常に美容外科看護師のメリットは多いのが印象的です。女性の方で美に関する知識に興味を持っている方はかなりの割合を占めるはずです。美容外科で働くことで自然に美意識が高まり、知識が深まったという経験を持つ看護師は多いようです。実際に働くナースはオシャレに力を入れてるケースが結構あるようです。また、看護師で基本になる注射・点滴・採血のスキルをゲットしやすいのはメリットとしては大きいと個人的に感じています。他の勤務科でも必須になるスキルポイントですので、転職もしやすいと思います。さらにクリニックが多い業界ですので、夜勤がなく残業が少ないです。また、基本的に命に関わる重病を抱えてくる患者はほとんどいないはずです。そういった意味ではプレッシャーは少ないのかもしれませんね。

デメリットはココ!

  • クレームが多い分野
  • マナー・接遇が強く求められる
  • 美に関する勉強は欠かせない

一般的な病院の場合に比べて美容外科は一般企業のサービスのように捉える人が多いようです。美容外科に訪れる女性・男性は患者ではなく、お客様のスタンスで来るので、マナーや接遇がしっかりしていなかったり、整形手術の結果に満足しないとクレームに繋がりやすいのがデメリットと言えるでしょう。簡単に言えば患者の要求が強い分野なのです。また、美に関する会話の中で看護師本人が知らないと患者を不安にさせてしまうので、日々の勉強は欠かせないと言われています。基本的に美容外科看護師に転職するデメリットは少ないですが、上記の3点は抑えておくといいでしょう。