小児科の看護師転職

MENU

小児科看護師の転職&就職

 

小児科看護師の転職メリット・デメリットについて解説!

 

看護師で小児科に就職・復職するコツや仕事内容を紹介!

 

小児科の仕事内容について

 

主に対象になる子供の年齢は0歳~15歳です。幼児、小学生、中学生の患者が中心になります。成人と15歳以下の子供では治療方法が異なるケースが多いので、現場では幅広い看護師として知識が必要になってきます。他の勤務科から小児科看護師に転職するなら研修やセミナーに参加するのも1つの手かもしれないですね。

 

子供の頃誰でも何度かいったことのある小児科は多くの方にとって馴染みのある医療現場の1つだと思います。小児科で働く看護師の仕事内容・業務内容について詳しく解説していきたいと思います。一括りに仕事内容と言っても様々な業務の種類があるのである程度まとめてピックアップしてみました。

  • 診療の補助
  • 患者とのコミュニケーション
  • 病状が急変した時の対応
  • 病状の確認や発育状況の把握
  • 子供&保護者の精神的なケア

小児科で勤務するナースの仕事は本当にいろいろとあります。パソコンを利用した雑務的な仕事から入院患者や家族への対応、医師の診療補助や子供の発育状況の確認など本当に様々です。小児科で初めて働く人の感想では「いろいろ覚えることがありすぎて大変」といった意見も結構見られます。実際に高齢化社会による小児科看護師不足は続いていて、1人一人の仕事量が増えていると大変さを感じているナースも結構多いようです。看護師だけではなく医師不足も激務の理由の1つになっているはずです。少子化で子供が少なくなっているとは言え、それでも看護師が不足した状況が長年続いています。

 

ただ、小児科は成人科では体験できない仕事を経験することができる魅力的な仕事でもあります。子供の成長に携わることができるので、幼い子供が好きなナースには向いている業務内容が多いのが印象的です。また、上記でも掲載していますが、患者だけではなく、保護者とのコミュニケーションを大切にしなければいけないのも小児科の特徴です。最近では稀に教育現場のように保護者がモンスターペアレンツ化するケースもあるようですので、大変さはあると思いますが、そこも看護師としての腕の見せ所ではないでしょうか?保護者のケアを忘れずにしっかりサポートすることが求められている時代になってきました。子供を心配するのが親の務めです。正確に病状を報告して、できるだけ安心できるように対処してあげることが求められています。

 

また、患者の年齢層が低いこともあり、インフルエンザ等の感染病を抱えた患者が成人科と比較して多く訪れます。特に夏場より冬場は子供を心配した保護者がインフルエンザの予防接種に来るので、混雑して忙しい時期になります。当然、現場で働く看護師は自分が移される訳にはいかないので、予防をすることが必要になってくるでしょう。最初のうちは先輩の対応を勉強して予防接種のワクチンの種類などを学んで成長していくことが望まれます。また、一般科から小児科に転職する看護師はインフルエンザを含めて小児科の仕事内容について把握しておくべきです。転職しようと決断したのであれば即戦力として働くことができるように準備はしておきましょう。

 

転職するメリット・デメリットについて

 

小児科の看護師に転職するメリット・デメリットについてまとめました。メリット・デメリット別にどうぞ!

 

小児科看護師のメリット

 

  • 幅広い知識を身に着けることができる
  • 他の勤務科へ転職しやすい
  • 子供の笑顔が仕事の活力になる
  • 臨機応変の対応が身につく
  • 比較的夜勤や残業が少ない

 

大きなメリットの特徴を挙げるのであれば看護師としてスキルアップ・・・つまり全体的に成長しやすいのが小児科の魅力だと考えています。理由は小児科の場合ですと内科や外科など区別なく、幅広い治療・対応が求められているので、幅広い診療科目の知識を得ることができ、スキルアップしやすい環境にあると言えます。分野に特化したスペシャリストとして働くのではなく、幅広い知識と経験を積んでゼネラリストを目指したい方におすすめです。また、仕事の内容自体はハードで大変のようですが、「子供の笑顔に助けられた」、「子供のおかげで仕事の活力になる」など転職や復職を経験した方の体験談では子供の存在はこの仕事にとって非常に大きな存在になっているようです。また、残業や夜勤が少ない傾向があると言われているのでプライベートを充実させたい方にとっても転職候補の1つに入れておきたい診療科目であると言えます。

 

小児科看護師のデメリット

 

  • モンスターペアレンツが大変
  • 心を開かない子供もいる
  • 大手病院の求人が少ない

 

最近では医療現場での保護者のモンスターペアレンツ化が問題視されています。過保護な親が増えていると言われていて、まさかのクレームを看護師が受けることも珍しくありません。保護者・子供の両方において小児科看護師ではコミュニケーション能力が大切になります。また、クリニックでの求人・募集情報が多いので、大手病院の転職は難易度が高くなっているケースが多いようです。但し、全体的にまとめると小児科看護師はデメリットよりメリットの要素の方が多いように感じています。新卒・新人の頃に配属されると助かるといった意見も多いので、まだ看護師としての経験が浅い方は小児科を選択するのもいいかもしれませんね!